一般社団法人 和歌山青年会議所

第62代(2018年度)

理事長予定者

森下 泰寛

渉外推進委員会

委員長 佐武 真介

委員長基本方針

 

 現在、私たちが住み暮らす和歌山市には高齢化、出生率の低下、若者の県外への流出や中心市街地の空洞化など、様々な問題が山積しており、人々の暮らしに必要不可欠であるまちの活力が失われ、和歌山市に対しての自信を失っています。今こそ多くの個性溢れる地域リーダーである私たち一人ひとりがつながりを深め、和歌山青年会議所の強固な結束力の下、高い志と熱い想いを胸に和歌山市の魅力を県内外に広く発信していくことが必要です。

まずは、和歌山青年会議所を代表して出向するメンバーを支援するために、LOMメンバーが出向する意義を学び、出向者をより深く知ってもらい激励する各種LOMナイトを開催することで、親睦が深まり組織の結束力が向上します。そして、誇り高き魅力ある和歌山にするために、当青年会議所が主幹する和歌山ブロック大会を通じ、産業活性化の喚起へとつなげることで、人々が地域の現状や課題を認識し意識改革を呼び起こして地域とそこに住む人々がともに成長します。さらに、ひととまちに活力を取り戻すために、和歌山青年会議所が長きにわたり文化振興に寄与し続けているアゼリア賞を通じ、幅広い層の人々とともにその魅力を学び、我々が広く発信し次世代につなげることで、地域の人々が歴史や伝統、根付いている文化に誇りを持ち、和歌山市の価値を創造する力が高まります。また、他府県の人々に和歌山市について深く知ってもらうために、各種大会で他にはない和歌山市の魅力溢れる地域資源をアピールするブースを出展することで、まちの価値が高まり交流人口と消費行動が増加促進され、和歌山市のさらなる発展と地域活性化の原動力となります。

高い志と熱い想いを兼ね備え、強固な結束力で結ばれた地域のリーダーである青年会議所メンバーが他府県にはない魅力溢れる文化や地域資源に囲まれた故郷への誇りを取り戻した人々と共鳴し、地域の明るい未来への糧となり、次世代につなぐ笑顔溢れる和歌山を創造します。

 

 

 

[ 事業計画 ]

1.ブロック大会式典

2.ブロック大会懇親会

3.アゼリア賞の支援と研究

4.各種大会ブース出展の企画と運営

5.各種大会のLOMナイトの設営

6.各種大会登録のとりまとめ

7.出向者支援

8.その他

 

 

 

副委員長

大和久 広志

野口 祥史

松田 紗世

 

幹事

花 静人

 

委員

池田 昌大

上野 真弘

坂田 隆徳

嵜中 裕児

土屋 翼

平山 正人

松田 玄

三宅 勇輔

村畑 圭悟

一般社団法人 和歌山青年会議所

〒640-8227

和歌山市西汀丁36番地(和歌山市商工会議所5階)

TEL:073-428-3334(代表)/FAX:073-431-1693

Mobile版